松代城 鷹狩り

2017年11月26日() 10:30~

午前10時半~正午

会場 松代城二の丸広場 長野市松代町松代44

実演 諏訪流放鷹術保存会
古式放鷹術の実演、鷹匠体験、鷹匠との写真撮影

江戸幕府を関いた徳川家康は鷹狩りをこよなく愛し、多くの鷹匠を召し抱えました。その筆頭格が祢津松鷂軒です。祢津氏は信州小県郡を本拠とずる鷹狩りの宗家であり、東員の名族・滋野の一族として、真田氏とも姻戚関係にありました。祢津松鷂軒の甥にあたる祢津志摩守は、松代藩初代藩主・真田信之公の乳兄弟であり、信之公の鷹狩りの指南役でもありました。近年、松代藩士・祢津家の子孫の家から祢津家伝来の鷹狩りの秘伝書が発見され、松代藩と鷹狩りのゆかりが次第に解明されつつあります。

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
〒381-1231長野市松代町(伊勢町)577 松代まち歩きセンター内
TEL/FAX。026-278-1277

【路線バス】長野駅からアルピコパス
     「古戦場経由松代行き」で約30分、
     「松代駅」バス停下車、徒歩約4分

【自家用車】松代城前・長野電鉄跡地の市営駐車場(無料)をご利用ください

〈主催〉NPO法人夢空問松代のまちと心を育てる会、エコール・ド・まつしろ倶楽部、真田会
〈企画〉長野県短期大学日本古典文学研究室  〈協力〉諏訪流放鷹術保存会
〈後援〉長野市、長野商工会議所松代支部、松代観光推進機構、松代観光事業振興会

平成29年度長野県地域発元気づくり支援金活用事業


Falconry in Matsushiro Castle
November 26th、2017(Sunday)10:30 am -Noon

Place : Matsushiro Castle Outer Citadel Plaza
Nagano-shi, Matsushlro-cho, Matsushiro 44

Demonstration: Suwa Falconry Preservation Society
Ancient falconry demonstration,falconry experience,photos with the falconer,and more

It is thought that falconry have been handed down in Japan for 1500 years. In the Heian era,falconry symbolized the emperor's authority and his love for the aristocracy. When it eventually became the age of the Samurai, falconry expanded to include the world of military families, and many commanders began to love falconry.
It is know that the commander Tokugawa Ieyasu particularly loved falconry,and that the first feudal lord of Matsushiro, Sanada Nobuyuki, also loved falconry.









検索