池田満寿夫没後20年記念展 僕はどのようにアーティストになったのか

終了しました

アーティスト池田満寿夫が1997年3月8日に63歳で急逝してから早くも20年。いつ才能を自覚し、どのように開花させたのか、何を考えながら制作したのか、あらためて紐解いてみたいのがその比類ない精神です。なぜ独自に芸術の道を歩むことができたのでしょう。逝去直後にオーブンした当館も開館20年を迎えます。館コレクションの特色である故郷・長野市で学生時代に描いた油彩を筆頭に、銅版画、リトグラフ、彫刻、デッサン、近年収蔵の肖像写真など、約130点から歩みを回顧します。ほとばしる情熱や希望を感じとっていただけたら幸いです。※会期中に一部展示替の場合があります。

入館料 大人700円大学生500円高校生350円中学生以下無料
○団体20名以上10%引
休館日 木曜日(祝日開館)、12/29~1/1、展示替期間
開館時間9:00~17:00、12月~3月9:30~16:30
◎入館は閉館30分前まで

東京方面よりJR北陸新幹線「あさま」「はくたか」「かがやき」、名古屋方面よりJR特急「(ワイドビュー)しなの」でJR「長野駅」下車、JR「長野駅」またはしなの鉄道「屋代駅」からいずれもバスで30分、「松代駅」下車徒歩3分
上信越自動車道「長野IC」から松代城跡方面に車で5分
(無料駐車場あり)

■次回企画展「池田満寿夫〈わかること〉〈わからないこと〉の不思議」
2017年12月9日(土)から予定
〒381-1231長野県長野市松代町殿町城跡10 tel.026-278-1722
http://facebook.com/IkedaMasuoMuseum/


池田満寿夫美術館休館へ
長野市松代 7月末で入館者減や負担重く

長野市出身の芸術家池田満寿夫さん(1934~97年)の作品を展示、所蔵する「池田満寿夫美術館」(長野市松代町松代)が7月31日で休館することが22日、分かった。
管理、運営する栗菓子製造販売の竹風堂(高井郡小布施町)は、入館者減少と設備更新に伴う費用負担などを理由に挙げている。保有し続けるとする所蔵作品や、施設の活用を今後検討するとしている。
(信濃毎日新聞より)







検索