講座・イベントのお知らせ


開催中 進化する縄文土器 ~流れるもようと区画もよう~ 平成29年度秋季企画展「縄文土器展Ⅱ」 2017年11月29日(水)まで
開催中 坂本五郎氏 「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展 2017年12月18日(月)まで
開催中 「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展 「宮本家と佐久間象山」 2017年12月18日(月)まで
本日開催 18:00~ 第112回 長野えびす講 煙火大会 同時開催 第26回全国十号玉新作花火コンテスト 長野市 長野大橋西側・犀川第2緑地
■ 2017年11月26日() 10:30~ 松代城 鷹狩り
■ 2017年11月26日() 13:00~ 第21回 千曲市 太鼓フェスティバル 千曲市 上山田文化会館
■ 2017年12月9日() 14:00~ 民話 童話を楽しむ会 ひとみの会 演目:猫ケ魔岳の妖怪 他 稲荷山 蔵し館
■ 2017年12月10日()
~ 2017年12月14日(木)
大頭祭(新嘗祭) 千曲市 武水別神社







進化する縄文土器 ~流れるもようと区画もよう~ 平成29年度秋季企画展「縄文土器展Ⅱ」

開催中
~ 2017年11月29日(水)

●開館時間=9:00~17:00(入館は16:30まで)
●休館日=月曜日(ただし、祝日にあたるときはその翌日)及び11月24日(金)

●主催=長野県立歴史館
●後援=信濃毎日新聞社、朝日新聞長野総局、読売新聞長野支局、毎日新聞長野支局、中日新聞社、産経新聞長野支局、市民タイムス、信州・市民新聞グループ(7紙)、長野市民新聞社、長野日報社、南信州新聞社、NHK長野放送局、SBCイ言越放送、NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、FM長野、FMぜんこうじ、屋代有線放送電話農業協同組合、(一社)日本ケーブルテレビ連盟信越支部長野県協議会、(公財)ハ十二文化財団

文化庁 平成29年度重要文化財等公開促進事業による勧告出品

長野県立歴史館
千曲市屋代260-6 Tel:(026)274-2000
http://www.npmh.net/

交通案内 長野自動車道・上信越自動車道「更埴」ICから車で5分。しなの鉄道「屋代」駅、「屋代高校前」駅から徒歩25分。








坂本五郎氏 「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展

開催中
~ 2017年12月18日(月)

維新の先覚者、佐久間象山の書の世界 日本最大の佐久間象山遺墨コレクション、175点の全貌に迫る!

坂本五郎氏 「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展
象山記念館会場
9月6日(水)~12月18日(月)
第1期9月6日(水)~10月9日(月)
第2期10月11日(水)~11月13日(月)
第3期11月15日(水)~12月18日(月)

「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展
「宮本家と佐久間象山」
真田宝物館会場
9月20日(水)~12月18日(月)

EVENTギャラリートーク
9月20日(水)、23日(土)
10月11日(水)、10月14日(土)、
11月15日(水)、11月18日(土)
いずれもAM10時 真田宝物館集合スタート
宝物館終了後、象山記念館でも行います。

象山記念館 長野市松代町松代1446-6
入館料:大人250円・小人100円
(団体大人200円・小人50円)
休館日:毎週火曜日
TEL 026-278-2915

真田宝物館 長野市松代町松代4-1
入館料:大人300円・小人120円
(団体大人250円・小人90円)
休館日:毎週火曜日
TEL 026-278-2801
http://www.sanadahoumotsukan.com

〈交通のご案内〉
アルピコ交通バス 長野駅より松代行きバス30分
象山記念館「八十二銀行前」下車徒歩7分
真田宝物館「松代駅前」下車徒歩3分


象山の書さまざま
 2017年5月、古美術蒐集家・坂本五郎氏より、佐久間象山の研究家として知られる宮本仲が蒐集した「佐久間象山遺墨コレクション」全175点が長野市に寄贈ざれました。象山の遺墨としては、日本最大の量と質を誇るものであり、寄贈を記念し特別展を象山記念館と真田宝物館の2館で開催します。
 合わせて、宮本仲の家系につながる宮本家よりご寄贈いただいた資料も展示し、宮本家と佐久間象山の関係、宮本仲による遺墨コレクション蒐集の経過や象山研究についても展示します。


宮本仲
1856~1936
宮本件は松代藩士の宮本慎助の三男として松代に生まれる。医業の傍ら佐久間象山の研究に没頭、象山鑑定の権威者としても名高く『佐久間象山』の著作がある。正岡子規の主治医でもあった。









「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展 「宮本家と佐久間象山」

開催中
~ 2017年12月18日(月)

維新の先覚者、佐久間象山の書の世界 日本最大の佐久間象山遺墨コレクション、175点の全貌に迫る!

坂本五郎氏 「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展
象山記念館会場
9月6日(水)~12月18日(月)
第1期9月6日(水)~10月9日(月)
第2期10月11日(水)~11月13日(月)
第3期11月15日(水)~12月18日(月)

「佐久間象山遺墨コレクション」寄贈記念特別展 「宮本家と佐久間象山」
真田宝物館会場
9月20日(水)~12月18日(月)

EVENTギャラリートーク
9月20日(水)、23日(土)
10月11日(水)、10月14日(土)、
11月15日(水)、11月18日(土)
いずれもAM10時 真田宝物館集合スタート
宝物館終了後、象山記念館でも行います。

象山記念館 長野市松代町松代1446-6
入館料:大人250円・小人100円
(団体大人200円・小人50円)
休館日:毎週火曜日
TEL 026-278-2915

真田宝物館 長野市松代町松代4-1
入館料:大人300円・小人120円
(団体大人250円・小人90円)
休館日:毎週火曜日
TEL 026-278-2801
http://www.sanadahoumotsukan.com

〈交通のご案内〉
アルピコ交通バス 長野駅より松代行きバス30分
象山記念館「八十二銀行前」下車徒歩7分
真田宝物館「松代駅前」下車徒歩3分


象山の書さまざま
 2017年5月、古美術蒐集家・坂本五郎氏より、佐久間象山の研究家として知られる宮本仲が蒐集した「佐久間象山遺墨コレクション」全175点が長野市に寄贈ざれました。象山の遺墨としては、日本最大の量と質を誇るものであり、寄贈を記念し特別展を象山記念館と真田宝物館の2館で開催します。
 合わせて、宮本仲の家系につながる宮本家よりご寄贈いただいた資料も展示し、宮本家と佐久間象山の関係、宮本仲による遺墨コレクション蒐集の経過や象山研究についても展示します。


宮本仲
1856~1936
宮本件は松代藩士の宮本慎助の三男として松代に生まれる。医業の傍ら佐久間象山の研究に没頭、象山鑑定の権威者としても名高く『佐久間象山』の著作がある。正岡子規の主治医でもあった。









第112回 長野えびす講 煙火大会 同時開催 第26回全国十号玉新作花火コンテスト 長野市 長野大橋西側・犀川第2緑地

本日開催 18:00~

雨天決行 午後6時打上げ開始
会場/長野大橋西側・犀川第2緑地

E-mail ebisukou@nagano-cci.or.jp
〒380-0904長野市七瀬中町276
主催 長野商工会議所・長野商店会連合会・協賛ながの観光コンベンションビューロー・JR東日本長野支社
後援 長野県、信州・長野県観光協会、長野市、長野市商工会、善光寺、大勧進、大本願、西宮神社、信濃毎日新聞社、SBC信越放送 NBS長野放送、TSBテレビ信州、abn長野朝日放送、NHK長野放送局、INC長野ケーブルテレビ、長野エフエム放送、FMぜんこうじ 長野市民新聞社、週刊長野新聞社、長野電鉄、アルピコグループ、しなの鉄道、東日本高速道路、フジドリームエアラインズ松本空港支店

お問合せ 長野商工会議所
TEL 026-227-2428 FAX 026-227-2758


長野えびす講のイベント
テレビキャラクターショー
●11月23日(月・祝)勤労感謝の日
お問合せ/長野商店会連合会 TEL026-227-3555
http://www.s-nagano.com/hanabi-2.html








松代城 鷹狩り

2017年11月26日() 10:30~

午前10時半~正午

会場 松代城二の丸広場 長野市松代町松代44

実演 諏訪流放鷹術保存会
古式放鷹術の実演、鷹匠体験、鷹匠との写真撮影

江戸幕府を関いた徳川家康は鷹狩りをこよなく愛し、多くの鷹匠を召し抱えました。その筆頭格が祢津松鷂軒です。祢津氏は信州小県郡を本拠とずる鷹狩りの宗家であり、東員の名族・滋野の一族として、真田氏とも姻戚関係にありました。祢津松鷂軒の甥にあたる祢津志摩守は、松代藩初代藩主・真田信之公の乳兄弟であり、信之公の鷹狩りの指南役でもありました。近年、松代藩士・祢津家の子孫の家から祢津家伝来の鷹狩りの秘伝書が発見され、松代藩と鷹狩りのゆかりが次第に解明されつつあります。

NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会
〒381-1231長野市松代町(伊勢町)577 松代まち歩きセンター内
TEL/FAX。026-278-1277

【路線バス】長野駅からアルピコパス
     「古戦場経由松代行き」で約30分、
     「松代駅」バス停下車、徒歩約4分

【自家用車】松代城前・長野電鉄跡地の市営駐車場(無料)をご利用ください

〈主催〉NPO法人夢空問松代のまちと心を育てる会、エコール・ド・まつしろ倶楽部、真田会
〈企画〉長野県短期大学日本古典文学研究室  〈協力〉諏訪流放鷹術保存会
〈後援〉長野市、長野商工会議所松代支部、松代観光推進機構、松代観光事業振興会

平成29年度長野県地域発元気づくり支援金活用事業


Falconry in Matsushiro Castle
November 26th、2017(Sunday)10:30 am -Noon

Place : Matsushiro Castle Outer Citadel Plaza
Nagano-shi, Matsushlro-cho, Matsushiro 44

Demonstration: Suwa Falconry Preservation Society
Ancient falconry demonstration,falconry experience,photos with the falconer,and more

It is thought that falconry have been handed down in Japan for 1500 years. In the Heian era,falconry symbolized the emperor's authority and his love for the aristocracy. When it eventually became the age of the Samurai, falconry expanded to include the world of military families, and many commanders began to love falconry.
It is know that the commander Tokugawa Ieyasu particularly loved falconry,and that the first feudal lord of Matsushiro, Sanada Nobuyuki, also loved falconry.







第21回 千曲市 太鼓フェスティバル 千曲市 上山田文化会館

2017年11月26日() 13:00~

開場:12:30 開演:13:00
上山田文化会館
入場無料


出演
矢代一重山太鼓
矢代一重山こども太鼓
乙女太鼓
五加子供太鼓
千曲さざなみ太鼓
冠着太鼓

主催:千曲市教育委員会
主管:千曲市太鼓フェスティバル実行委員会
後援:(株)信州ケーブルテレビジョン

お問い合わせ:上山田文化会館 TEL. 026-275-0500








民話 童話を楽しむ会 ひとみの会 演目:猫ケ魔岳の妖怪 他 稲荷山 蔵し館

2017年12月9日() 14:00~

出演グループ: ひとみの会
演目:猫ケ魔岳の妖怪 他

稲荷山宿・蔵し館にて 毎月第2土曜日 午後2時から 観覧無料
この時間にお話を聞きに来られた方は観覧無料です


お話を聞きに、お出かけください。

 古くから長野県内に伝わる民話や短編童話を、老若男女を問わず市民及び来館者の皆さんに聞いていただくため、『民話・童話を楽しむ会』会員の皆さんの出演により毎月第二土曜日の午後2時より入場料無料で開催しています。


【稲荷山宿蔵し館】
 干曲市稲荷山重要伝統的建造物群保存地区にあり幕末から明治期にかけて生糸輸出を手掛けた「カネヤマ松源製糸」「松林邸」を修復・再生したものです。
町屋の生活空間を再現した主屋、なまこ壁の土蔵、奥にはかつての稲荷山の人々の暮らしを垣間見られる「くらしの資料館」が統きます。

開館時間  午前9時~午後4時30分
観 覧 料
一  般    200円
高 校 生  100円
中学生以下 無  料

休 館 日 毎週月曜日 祝日の翌日

稲荷山宿 蔵し館
長野県千曲市大字稲荷山931
電話 026-272-2726






大頭祭(新嘗祭) 千曲市 武水別神社

2017年12月10日()
~ 2017年12月14日(木)

場所: 武水別神社、斎の森神社

時間: 14:00~




検索